読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScript(ES2015)でvarやletを使う必要はほぼ無い

ES2015でvarやletを使う場面はほとんど無いので、まずconstを使う。constだとダメな場合にはletを使う。

背景

ES2015では、変数を宣言するための文法としてconstとletが導入された。

const foo = 'foo';
let bar = 'bar';

constは再代入できない変数を宣言できる。letは再代入できる変数を宣言できる。

const foo = 'foo';
foo = 'hoge'; // ERROR

let bar = 'bar';
bar = 'hoge'; // OK

あれ、じゃあvarとletは同じなの?っていうとそうではなく、letやconstはvarとは違って、関数スコープよりも細かなブロック単位のスコープを提供する。例えばconstやletを使うと、if文やfor文などのブロック中でのみ有効な変数を宣言できる。

で、プロジェクトにES2015を導入すると、「お、varじゃなくてlet使えばええんやな!」と言わんばかりにletだけを使う人を見かけるんだけど、実際にはletもほとんど使う必要なくて、多くの場合はconstで問題ない。また、他人が書いたソースコードの中でletを見ると、「これ後で再代入されるん?」って一瞬身構えるので、再代入の必要がないならconstを使う方が可読性も良くなる。

ES2015になって変数の文法が増えたわけだけど、開発者はまずconstを使って、再代入が必要ならletを使って、letも使えない特殊な事情がある場合のみvarを使う、というようにするといい。

varは別に非推奨になったわけではないので普通に使えるんだけど、プロジェクトで機械的にvarを使わせたくない場合には、ESLintでno-varを有効にする。

Airbnbが公開しているES6に対応したJavaScriptコーディング規約においても、まずconstを使うこと、varは避けることが書かれている。

追記: よくよく調べてみると、ESLintには再代入しないletに警告を出すprefer-constがあった。より厳格にしたい場合はこのprefer-constを有効にする。

まとめ

ES2015では、varやletを使う必要のある場面はそれほどない。変数の宣言にはconstを使う。再代入が必要な場合にのみlet使う。