読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍やkindleを好きになった理由

自宅の近くには、小さな本屋がある。仕事帰りにはよくその本屋で立ち読みしたり、気になった本は購入したりしているのだけれども、この購入した本が部屋の中に段々溜まってきた。自分の部屋には小さな本棚があるのだけれども、とっくの昔にそれはいっぱいになった。本棚から溢れた本は床にそのままおいてたのだけど、これが段々部屋の面積を圧迫してくるようになった。タチの悪いことに、気になった本をホイホイ買う割には忙しかったり時間が取れなかったりして積んだまま開けていない本もいくつかある。


本棚のキャパシティを超えて溢れだす本。汚い。

これとは別にamazonが日本でも電子書籍を売り始めた頃から、電子書籍を買うようになった。kindleデバイスを持っているわけではなく、手元にあるHTCのAndroid端末にkindleアプリをインストールしてそれで読んでる。amazonのウェブサイトからkindle本を購入することもできるし、Androidkindleアプリだとアプリ内で直接ワンクリック購入もできる。

kindleを使いはじめるようになってから、読書している時間が増えた。というのも、ちょっとした休み時間や待ち時間、 電車の中などでAndroid端末から簡単に読書できるようになったからだ。リアルに存在する本だと、持ち歩くのにも読みたい本を選んでカバンの中に入れて持ち歩かなければならなかった。kindleの場合だと単に携帯端末を持っているだけでそのまま読書できる。そしてそれが想像以上に手軽で快適だった。煩わしい事無くどこででも本を読めるようになった。

場所取らないしいちいち持ち歩かなくてもいいから電子書籍素晴らしいと思った。