読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacOSX用の作業効率化キャプチャツールMaptureの紹介

年末からMaptureという作業効率化のためのキャプチャツールの開発を進めてきて、最近やっと普通に利用できるクオリティになってきました。この記事では、作業効率化のためのキャプチャツール、Maptureを紹介します。

Maptureとは

Maptureは、画面の一部をキャプチャして付箋化するMacOSX用のアプリケーションです。

通常のキャプチャツールと違って、画像をキャプチャして共有するためのアプリと言うよりも、画面をキャプチャして最前列に表示することによって、エンジニアやプログラマなどのPCを使って一日中作業する方の作業を効率化するために作成しました。

導入

Maptureのウェブサイトよりアプリケーションをダウンロードできます。ダウンロードした後、Applicationフォルダに解凍して下さい。

Maptureを起動すると、右上のメニューバーにおにぎり型のアイコンが現れるようになります。アイコンをクリックして、Captureメニューを選択すると、画面をキャプチャできます。

使い方: チートシートを前面に表示しながら作業する

HTML5canvasのチートシートを前面に出しながらエディタで作業すると便利です。

使い方: TODOを全面に表示しながら作業する

普段作業している時に、自分が今やっている作業のTODO一覧を付箋にしておくと、次になにをすればいいかすぐに分かって便利です。

Gyazoクライアントとして使う

Maptureは、単に画像をキャプチャするだけではなく、 Gyazoクライアントとしても利用できます。 Maptureで画像をキャプチャした後、右クリックから「Send to Gyazo」を選択してGyazoに画像を送信できます。

終わりに

作業効率化のためのキャプチャツールMaptureについて紹介しました。MacOSXの方は是非一度試してみて下さい。