読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMTPサーバを入れたくないけどメールは送りたい時に重宝するMSMTP

postfixqmailなどは入れたくないけど、sendmail相当のものを使ってメールを送りたい時に便利なMSMTPを試してみた。

この記事では、実際の導入からgmailのアカウントを利用してMSMTPでメールを送る方法を書く。

インストール

MacOSXだとhomebrewからインストールできる。debianubuntuだとaptitudeからインストールできる。

$ brew install msmtp
$ aptitude install msmtp

次に以下のような設定ファイルを~/.msmtprcに置く。

account default
host smtp.gmail.com
port 587 
user hoge@gmail.com
password hogehoge
from hoge@gmail.com
tls on
tls_starttls on
tls_certcheck off
auth on
logfile ~/.msmtp.log

パスワードが他のユーザから見えないようにする。

$ chmod 600 ~/.msmtprc

んで、msmtpを起動して何も文句を言われなかったら以下みたいにsendmailと同じようにメールを送れる。

$ msmtp -t
To: fuga@example.com
Subject: hoge-

fuga-
(ctrl-dを押して送信)
$

PHPのmail関数から利用したい場合は、sendmail_pathディレクティブを"/path/to/msmtp -t"に設定すればいける模様(試してないが)。

終わり

この記事ではsendmailコマンド相当のものを楽に導入できるMSMTPを簡単に紹介した。